ホームページ(Webサイト)リニューアルのメリットと重要なポイント

ホームページリニューアル

ホームページを公開してからそれなりの月日が経つと、技術・テクノロジーの進化やその時の流行やトレンドとともにデザインが古くなったり、新しい機能を付けたいなどホームページを運営する上でさまざまな課題や要望が出てきます。

過去に作ったホームページがモバイル対応していなくてスマホの画面では見づらい、最近自社のサイトにあまりアクセスがなくて売上や集客につながらない、などといったお悩みの社長・経営者の方は多くいらっしゃいます。

ホームページはビジネスには欠かせない「会社の顔」ですので、企業のホームページも時代の流れに合わせてリニューアルしていく必要があります。ではホームページのリニューアルのメリットと重要なポイントをみていきましょう。

ホームページ(Webサイト)リニューアルのメリット

最新のデザインで企業のイメージアップとブランディング強化

ホームページを訪れたユーザーの第一印象はまず見た目(デザイン)で決まります。せっかく自社のホームページに来ていただいても古いデザインだと、商品やサービス、会社が過小評価されてしまい、いくら素晴らしいものを紹介していてもそれが伝わらず、機会損失になってしまいます。最新のデザインにすることで企業のイメージアップとブランディング強化につながります。

ホームページの機能・使いやすさの向上

最近はスマートフォンやiPadなどのタブレットでホームページを閲覧するユーザーが増えています。モバイルに対応したサイト制作はもちろんのこと、成果を上げるホームページを作るには何をどのように伝え、次にどのページを見てもらいたいか、どんなアクションを取ってもらいたいかを戦略的に考えたページを作ることが重要です。ナビゲーションやサイト構造・設計の改善を行うことでユーザビリティ(サイトの使いやすさ)の向上にもつながります。

SEO(検索エンジン)対策・アクセス数やコンバージョン率の改善

時代や経済状況の変化にともない、お客様のビジネスのキーワードや業界のキーワードなども日々変化してきています。今まで使っていたキーワードなどをこの機会に改めて見直しますので、集客やお問い合わせなど効果的に成果に結びつきやすくなるキーワードでSEO対策をしていきます。ホームページをリニューアルする場合、ページに記述するキーワードも必然的に新しいものや時代に合ったものになりますので、取引先のお客様やユーザーが検索する可能性のあるキーワードを埋め込むことで、SEO(検索エンジン)対策の強化につながり、Google(グーグル)やYahoo!JAPAN(ヤフージャパン)などの検索エンジンで上位に表示されやすくなります。

現状に合った情報の分類・掲載で更新や情報発信がしやすくなる

ホームページをしばらく運営していると、年数を重ねるごとにページ数や写真画像、動画などのデータや情報が知らず知らずのうちに増えてきます。そのような情報が増えていくたびに分類する場所もカテゴリもごちゃごちゃになってしまい、サイトの構造が複雑になってしまうので、メンテナンスや更新が難しくなってきます。リニューアルのメリットは、ホームページに必要なものと不要なもの取捨選択をして、整理整頓することで、更新作業が簡単になり時間の短縮にもつながります。

ホームページをリニューアルする時の重要なポイント

集客・売上アップにつながるホームページにリニューアルするための重要なポイントは以下のようなことが考えられます。

ホームページの目的を明確にする

そもそもなぜサイトをリニューアルする必要があるのか?」まずはこれを考えなければいけません。何のためにホームページをリニューアルするのか。ホームページで何をしたいのか。どんな目標を達成したいのかなどを明確にすることです。ホームページをリニューアルする目的の例としていくつか下記にリストアップしました。

  • 集客をしたい、新規顧客を増やしたい
  • 問い合わせや申し込みを増やしたい
  • 会社の商品やサービスを知ってもらいたい、または購入してもらいたい
  • 会社のイメージチェンジをしたい
  • 新たなコンテンツを追加したい
  • 見た目が古くなってしまったので新しくしたい
  • GoogleやYahoo!などの検索エンジンでもっと上位に表示させたい

ここで大事なことは、自社にとって最も重要なものを優先して目的を絞ることです。すべてを求めると結果的に上手くいきませんし、自社のキャラクターやイメージ、信念がブレてしまう危険性があります。

ターゲットを決定する

ホームページの目的が明確になったら、次にターゲットを決めます。どのような人に自社のホームページに来てもらいたいか、ターゲットを意識することで、そのターゲットに合った最適なホームページをデザインしやすくなります。

これも目的と同様ですが、ターゲットを広く設定してしまうと成果につながりづらいホームページになってしまいます。自社にとって最も重要と思われるターゲットに絞りましょう。

現状の問題点を明確にする

リニューアルをホームページの行う前に、現状のホームページではなぜ成果が出ていないのか、問題点は何なのかを明らかにする必要があります。例えばホームページのアクセス数はなぜ少ないのか、または訪問者はいるのに問い合わせや申し込みのコンバージョンにつながらないのかなど、考えられるすべてのことを明確にしていきます。明らかになった問題点に対して、ホームページで解決できる問題なのか、もしそうであればどう解決・改善すればいいのかを考えます。

事業の棚卸しを行ない、自社のウリ・USPを強化する

グローバル化が進むにつれて、昨今は事業の流れが速く、その時の自社のウリやUSP(ユニークセールスポイント)、強みが変化してきます。事業の棚卸しをすることで、ホームページ上で何をすればいいのか、何を伝えればいいのか、何がユーザーにとって魅力なのかを見つけます。結果的に自社のブランディング強化やイメージアップにもつながります。

まとめ

ホームページに訪問するユーザーはリサーチだったり、問題を解決するためだったり、何らかの目的を持って訪問して来ます。その目的に沿った情報を分かりやすく提供し、次の行動に簡単に移れる使いやすいページを制作することがとても大切です。

ホームページをリニューアルする際はリニューアルの目的とユーザーがホームページを訪れる目的を意識し、ホームページの見た目だけでなくホームページの構成・導線を考慮しましょう。しっかりとホームページの構成を検討した上で、見て分かりやすい、素敵なデザインのホームページにリニューアルを行うことが重要です。

また、実際にホームページをリニューアルする際はどのようなキーワードで検索エンジンに上位表示したいかということを意識して制作を行うことも大切です。

弊社では御社の魅力が多くの人にアピール出来る最高のホームページをお作りいたします。今すぐではないけれど、大体の予算・制作日数だけでも把握しておきたいなどというお問い合せやご相談にも対応しています。お気軽にお問い合せ・ご連絡ください。

ホームページリニューアルサービスについてのページはこちら
http://www.digicoscope.com/service/web-service/

CONTACT US

お仕事のご相談・ご依頼

Contact

PARTNERS

パートナー募集

Contact