NYのカフェ・コーヒーショップから学ぶマーケティング

Birch Cafe
ニューヨークのアッパーウェストサイドに私がたまにいくカフェ・コーヒーショップがあります。そこはレジでコーヒーを注文して自分でコーヒーを席に運ぶシステムなのですが、そこのカフェのレジにあるちょっとしたものが面白いのです。

大概アメリカのカフェやコーヒーショップ、テイクアウトのお店などでは、どこでもレジにチップを入れるためのジャー(瓶などの入れ物)が置いてあるのですが、ここのカフェは小さなボードが置いてあり、その両脇にはそれぞれ別のジャーが。

ボードには質問、またはクイズが書かれてあって、両脇に置いてあるジャーにはそれぞれ答え、選択肢が書かれています。自分が思っている答えが書かれているジャーにチップを入れるという仕組みなのですが、これだったら思わずチップを入れたくなってしまいますよね。

しかもたまたまこの日はただの質問でしたが、他の日はクイズになっていたりするので、次の日にそのクイズの答えがボードに発表されます。これだったら、わざわざ答えを確認しようとは思わないかもしれませんが、次の日もまたこのお店にコーヒーを買いに来ようかなと思ってもらえるきっかけにはなります。

ほんのちょっとしたアイディアですが、ちゃんとチップを置きたくなる仕組み、マーケティングを実践しているのはとても勉強になりました。

CONTACT US

お仕事のご相談・ご依頼

Contact

PARTNERS

パートナー募集

Contact